個別指導塾と中学生の相性は、いくつかのポイントを確認すれば分かります。たとえば、疑問点を徹底的に解消したいタイプは適しており、一人の教師を独占する形で質問が可能です。中間テストや期末テストの前でも、質問するための行列に加わる必要はありません。時間内ならいくらでも教えてもらえます。

また、授業のスピードについていくのが苦手な人も同様です。一般的な塾は進行速度が速く、優秀な生徒を想定して進んでいきます。そのため、学力が劣る生徒たちは落ちこぼれになる恐れがあります。個別指導塾の中学生ならそのような心配は不要です。

なぜなら、教師が生徒の理解度に合わせて、授業のスピードを調整してくれるからです。一方、受験に向けて競争意識が希薄な場合は向いていないかもしれません。自分と教師の二人だけの環境で学習することになります。自分自身との闘いという一面があり、ライバルたちが視野に入りにくいです。

他の生徒がどれだけ伸びているのか予想できません。自分の成績がアップしても、周囲がそれ以上に上がっていると対策が必要です。こういったリスクを解消したいなら、外部団体が主催するテストを受けてみると良いでしょう。順位や志望校に合格する可能性が分かるので、個別指導塾の中学生にとって重要な指針になります。

とはいえ、その結果を見てあまり落ち込まなくても大丈夫です。最終的には自分との勝負なので、教師を信じて取り組んでいくことが大事です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です