一口に個別指導塾と言っても、提供されるサービスの内容や質、フォロー体制はそれぞれ異なります。もっとも良いのは中学生のレベルに合わせて選ぶことであり、たとえば基本に立ち返って基礎学習を徹底したいという場合には、そういった面に特に力を入れているところを選択します。高いレベルを求めていて中学校で習う勉強では物足りないと感じている子供も一定数いて、その場合は一歩先の学習を行うのが理想的です。高校受験には含まれない範囲まで、求められれば教えられるのが個別指導塾ですし、利用する中学生のレベルによって指導方法を変えることも可能です。

マンツーマンでも自主性を大事にしながら勉強を進めることができますので、自分で考えられなくなるのではないかという不安は無用であり、本人のやる気があれがどんどん先取り学習もできます。部活等で忙しい中学生にとって、常に一定の勉強時間を確保するのはとても難しいのですが、個別指導塾なら短時間でも効率良く学べるように指導してくれるため、その指導に従えば時間が足りなくて焦ることもありません。それにプラスして自分から学ぶ機会を確保できる子供は、大きく成績を伸ばすことができます。講師の質においても違いが出てきますが、ハイレベルな授業を求めているのでなければ、それほど気にする必要はありません。

一般的なレベルの授業では親身になって相談に乗ってくれることの方が重要であり、コミュニケーションをきちんと取ってくれると信頼関係が生まれます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です