中学生を対象としている個別指導塾では、生徒1人から3人程度の少人数に対して講師が1人ついて授業を行うスタイルを生かして、ただ知識を教え込むのではなく、生徒が自ら考えて答えに気付いてもらうための指導を行っているのが魅力です。授業の中では講師が生徒に対して口頭で質問を繰り返すことによって、生徒の理解度をチェックしながら一人一人のペースに合わせて進めていくように心掛けています。また、自宅学習においては、授業で理解した内容を宿題として出すことを繰り返すことによって知識を定着させて、もしもわからないことがあれば次の授業ですぐに質問するように指導を行っています。さらに、毎回授業の最初には小テストを行って、実際に理解したことをアウトプットすることで、生徒の本当の習熟度を測っているので安心です。

そのほか、個別指導塾ではすでに理解している単元については生徒に任せて、苦手な単元を重点的に学習することができる独自のカリキュラムにも対応しています。弱点を根本的に解決するために、中学生より前の単元に戻って授業を行ったり、先に進んで授業をしたりと柔軟に対応することで、学力アップや志望校合格へとつなげています。定期的に面談も行って中学生特有の不安や悩みに寄り添うようなアドバイスをしたり、授業時間外でも学習の相談に応じる面倒見の良さも個別指導塾の人気の秘密です。生徒の個性をしっかりと理解してサポートを行い、保護者との連携も密にとって、学力アップと生徒の成長に貢献しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です