小学校の時には学校のテストもそれなりにできたし、わからないところは特になかったというお子さんでも、数学や英語が難しいと感じてしまう中学生になってからの変化はとても大きいと言えます。難易度も上がりますし、スピードもアップするのでついていけなくなってしまうというケースも少なくありません。そんな時にそのままにしてしまうのは1番良くありません。わからない事をわからないままにしてしまう事で、消化不良を起こして蓄積されれば不登校につながることもあるので要注意です。

そうならないためにも、学習環境を整えてあげるというのもお勧めの方法です。中学生にもなりますと、反抗期というのも有りますし親から勉強の事を言われるのはとても嫌がる傾向がみられます。ご自身の事を思い出しても分かるかもしれませんが、口うるさく勉強しなさいと言われると悪影響がでてしまうことがあります。そこで重要なのは、中学生になったときに、学習の方法を教えてくれる様な個別指導塾を選ぶ事です。

個別指導塾を選ぶ事で、自分にぴったりの学習を提案してもらうことが出来ますし、授業スピードも自分に合わせてくれます。わからないところは何度でもそしてわかるところはスピードをあげられます。効率の良い学習が出来ますし、個別指導塾のメリットは大きいです。集団授業の方が合っているお子さんもいますので、自分のお子さんがどちらの方が合っているのか見極めていく事も大事です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です