中学生を対象としている個別指導塾では、大きな教室で大勢の生徒に一斉に授業を行うスタイルではなく、講師1人に生徒が1人、もしくは講師1人に生徒が数名以内の少人数制を採用しています。生徒一人一人に目が行き届く環境の中で、きめ細かな指導と個別の要望に応じる柔軟なカリキュラムや指導方針が大きな魅力で、生徒たちが通塾する目的も千差万別です。一番多い通塾目的は高校受験での志望校合格に向けた入試対策や定期テスト対策ですが、そのほかにも中高一貫校に通う生徒の補習対策、医学部や難関の国公立大学合格への早期準備、内部進学対策、留学サポートや検定試験サポートなどさまざまなニーズに応じていて、個別指導塾ならではの対応力と機動力で目標達成へと導いています。また、最近では、なんらかの理由で学校に通うことができずに不登校になった中学生のサポートを行う個別指導塾も増えています。

不登校解決の実績をもつ講師や教育プランナーが中心となって、中学生が抱えている悩みや不安に粘り強く向かいあうため、ひきこもりがちになっている場合でも安心です。最寄りの教室に通えるようなサポートを行うと共に、本人や家族との信頼関係を築きながら、学習の遅れや家族関係に関するフォローを行ったり、進路の相談にも応じています。勉強だけではなく、友人作りやキャリア教育を通じ、夢や目標を持つことで進学や就職などの実現に向けて動き出すことができるように支援していて好評です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です