日本国内にはたくさんの個別指導塾がありますが、そこで採用されて講師をしている人間は少なくありません。では、個別指導塾で塾講師をする場合一体どのような教え方をしたら良いでしょうか。これを理解しておけば、長い間中学生を相手に個別指導塾のアルバイトなどをすることができます。まず基本的には、個別指導塾において必要な事はその中学生がなぜ個別指導塾に通っているか動機を探ることです。

これが本人の意思ならばそれなりに苦労はしてませんが、親に言われたので仕方がなく個別指導に通う中学生の場合にはなかなか対応が難しくなります。何故かと言えば、親に言われている時点であまりやる気がないからです。それならば、少なくともやる気を出すような方向性にもっていくことが必要ですが、これは経験をしないとなかなか難しいでしょう。やる気を出すと言うのは実はあまり妥当な考え方ではありません。

何故かと言えば、やる気を出すと言う事は本人の気持ちが大きく変わることです。基本的に他人は本人の気持ちを大きく変える事は難しいわけです。しかも1週間に1時間から2時間程度しか接していない場合には、よほど仲良くならない限りは難しいと考えられます。先生のほうも、成績を上げなければいけないため非常に苦しい状況ですが、まずは生徒の心を掴まなければいけません。

これを行っているうちに、次第に生徒のほうも先生の言うことに従う可能性が高いです。そのため丁寧に子供の心理を学ばなければいけません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です