中学生が塾通いをする場合には、集団タイプの塾と個別指導塾とで迷うことがあります。特に両方が自宅の近くにある場合には、どちらの方が良いかと考えてしまいます。基本的なこととして、塾に求めるレベルがとても高かったり、あるいは授業についていかないので追いつきたいという要望を持っている場合には、大勢で一つの教室に集まって授業を受ける形式は向きません。学校の授業についていけないのに、塾でもついていけるはずがありません。

また、求めるレベルが非常に高くてどんどん先に進みたい場合も、個別指導塾に適しています。集団タイプですと、解き終わっても周りが終わるのを待っていなければならず、無駄な時間を過ごします。自分なりのスピードで学習を進められるのが個別指導塾の良さであり、難関高校を目指す中学生にも最適です。難関高校を目指す人は、極力無駄な時間を省いて効率的に勉強しなければならず、状況を考慮したスケジューリングが必要です。

自分で作成するのも良いのですが、個別指導塾なら個々の能力や求めるレベルに応じてカリキュラムを作成しますので、管理に関しても任せられます。勉強以外のことにも悩みやすいのが中学生という年頃ですが、個別指導塾では講師が良い相談相手になってくれます。受験の日が近づいてくると不安になったり、学校生活で何か悩みを抱えることもありますが、そのような状況でも家族や友人に言えない悩みをこっそり打ち明けられる場所を確保できるということです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です