中学生に行ってから、個別指導塾に通う人も少なくありません。中学生の勉強は難しくなると同時に入学してから3年以内に高校受験があります。高校受験の成績は1年生から関係ある場合とない場合がありますが、推薦入試等では1年生のものも持っていくケースがあるかもしれません。これは地域によって異なりますので、確実な事は言えないまでも、ある程度基礎をつけるために1年生から学習すると言う事はとても重要になります。

もし個別指導塾に通う場合、どのようにして中学生がそこで活躍できるでしょうか。ここで言う活躍すると言うのは、成績を上げることを意味しています。1年生の最初のテストで言えば、比較的高得点が取りやすいです。80点位が平均店になることも多く、よほど難しい問題を出さない限り良い点数が取れるものです。

ところが、2学期から勉強が少し難しくなり、今までの勉強内容では良い点数が取れないかもしれません。2年生が3年生になった場合、それまで以上に難しくなることが多いため、少しずつ点数が下がってしまいます。そんな中で、重要なポイントとそうでないポイントを明確に意識することが必要です。勉強したての頃は、どこが重要なのかそうでないのか分かりにくいですが、わからない場合は先生に話を聞いてみましょう。

この重要なポイントが非常に重要であり、その部分を集中的に学習することで、8割の学習は終えたのと同じです。残り2割部分に関しては、時間があるときに埋め合わせをするなどの方法を採用すると良いかもしれません。そのため、個別指導塾では効率的に問題を解くなどの合理性が必要です。中学生の個別指導塾のことならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です