個別指導塾に通っている中学生が問題を起こすようなケースもたまにありますが、保護者に問題があるケースも少なくありません。個別指導を経営している立場の人は、1度は経験したことがあるだけでなく毎月のように経験しているかもしれませんが、中学生の保護者が問題を起こし、それで頭を抱えているケースがあるわけです。具体的にはどのような問題かと言えば、中学生の保護者が期限までに月謝を払ってくれないといった問題になります。世の中では、お金の支払いのスピードは非常に重要です。

基本的には、お金の支払いは早ければ早いほど良いと言われています。これは、契約をしたことに加えて、当然そこで契約関係にある当事者同士の関係が決まってくるわけですが、学習塾の場合間に子供がいるため、なかなかわかりにくいです。しかしながら、お金を払うの保護者である以上期限までにしっかりと支払いをするのが当然と言えます。それにもかかわらず、期限になってもなかなか支払ってくれない保護者がいるのも事実でしょう。

割合としては1割いるかいないかですが、50人の生徒を抱えている場合には、5人ぐらいはそのような感じになっています。お金の支払いができない場合もあるかもしれませんが、その場合は一度だけでもとりあえず休会処分にした方が良いかもしれません。そうでなければ、結局は個別指導塾の講師が取り立てに行かなければいけないわけです。アルバイト講師に行かせるわけにはいきませんので、行くならば個別指導塾の教室長などが直接行くことになります。

この点が明確でないと、オーナーに叱られる可能性が高くなります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です