血糖値対策にはALAを摂取

近年では食文化が発達した半面、食べ過ぎや偏食が原因となる生活習慣病が問題となっています。

中でも高血糖は特に多いとされ、40歳以上の人は5人に一人はこの高血糖に悩まされているといわれています。


この高血糖とは多くの症状を引き起こします。

血液中の過剰な糖分に対し、身体はそれを尿として排出しようとするため、異常にのどが渇く、脱力感や疲労感を覚えるなどと言った脱水症状の症状が引き起こされます。その他にも身体の糖分を抑えるためにインスリンという成分が働きますが、このインスリンでも処理が追いつかず、インスリンの量が減ることで吐き気、口臭、意識障害といった糖尿病ケトアシドーシスという症状があらわれます。



この高血糖対策と考えられるのは、水やお茶といった水分を多く摂る、こまめに血糖値を測り確認する、血糖値が高い状態が続くようであれば医療機関に相談するなどが挙げられます。



しかし生活習慣を変える人が難しいなど対策が上手く取れない人や、医療機関に相談する前にできるだけ簡単な行動で高血糖対策をしたいと考える人もいるでしょう。
そんな人におすすめするのがALAという成分を摂取することです。

ALAとは糖分消費にかかわる代謝のエネルギーとなるもので、健康的な身体を保つためには不可欠となる成分です。

本来味噌や黒酢、緑黄色野菜といったものに含まれていますが、これらに含まれているALAは量が少ないため推奨される量を摂取することは難しいです。



しかし現在1日の推奨量分のALAを含んだサプリメントも販売されているため、これを使えば必要な分を気軽に摂取できます。
高血糖を気にする人や健康的な身体を維持したいと考える人は、ぜひALAを意識して摂取するようにしましょう。